小学生 ホームラン 練習方法

体の小さな小学生の子供が”狙って”ホームランが撃てるようになる練習方法とは?


a1180_013608_m


チームで体が一番大きな子が4番

チームで走るのが一番速い子が1番


とか・・・

小学生の時って「監督の好み」という、
かなり不合理で理不尽な選び方をされるものです。


体が一番大きな子が・・・


当たり前のように4番に立って、

毎試合バチン!ドカン!と特大ホームランを撃つ!

で、そのまま甲子園に出場して、優勝して、

ドラフト入りしてプロでも活躍する。

とにかくホームランを撃ちまくる!






と、もしも、100%に近い確率でそうなるのだったら、

体の大きさや、足の速さで、レギュラーを選ぶのでも納得いきます。
「あーあ。俺は体が小さいからなぁ」で、済みます。(悔しいけど・・・)

でも、今は違うんですよね。
もちろん有利、不利、適正、不適正などはあるでしょう。


でも、野球だけでなく160cm台のアスリートなんて
ゴロゴロいますし、プロで活躍したりオリンピックで活躍してたりします。


体が小さいからといってホームランをあきらめなくても
いい世の中になったのだと思います。



これ・・・自分は小学生の時に知りたかったです・・・

もし、自分に男の子ができて野球をはじめたら、
問答無用ですぐにやらせます(ー_ー)!!



スラッガー育成プログラム


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です